せっせこ せっせこ はたらく【城とドラゴン】

城とドラゴン初プレイ

らららら シロとドラゴン~♪

どうもシロです┏(=・x・=)┛

今回紹介orプレイしてみたのが「城とドラゴン」

ジャンルはリアルタイム対戦ストラテジー。それがよくわからない方はタワーディフェンスみたいなゲームを想像してください。
それでもわからない方はググってください。

以前からこのスマホゲームアプリは知っていましたし、私はよくYouTubeでいろんな動画を(主にゲーム)を見るんですが、このアプリが配信された当初からある公式のPV動画を何故かわかりませんがお気に入りに入れて定期的に聴いてます!(ドヤ)

何故ドヤったかもよく分かりませんね・・すみません。
初めて聴いた時から城とドラゴンのPVの歌は頭から離れず歌ってる女の子も初々しくてかわいいからなのでしょうか?本当病みつきになる曲でして定期的に聴いてます。
これをプロデュースした人?チョイスした人?凄いなって思います。

「せっせこせっせこはたらく~こんなのできました~♪」ってな感じの曲です。
是非みなさんも聴いてみてください。

丁度1周年記念ログインキャンペーンもやってるみたいなのでプレイした感想やシステム紹介をしていきたいと思います。

バトルの概要

肝心のバトルは、タワーディフェンス系のゲームをやったことがある方はわかると思いますが、自陣の城、敵の城があり、キャラクターを召喚して相手の城を破壊したら勝利というゲーム。

キャラを召喚するには召喚玉が必要でこのゲージが画面左下にあります。これは時間と共に自然回復しますがキャラによってこの召喚玉の消費量が違います。

それとバトルマップ中にいくつか砦があるんですが、ここを占拠すれば自陣の範囲を広げることができ、キャラもそこの広げた範囲から召喚できるようになります。なので砦を占拠するかどうかも勝敗に関わってきます。

私は触り程度しかプレイしていませんが、動画など見てみると、召喚するキャラによって特性が異なりそれも含めた戦術を考えるのが楽しいゲームですね。

Screenshot_2016-02-08-10-25-19-horz-min

バトル開始10秒前自陣にキャラを召喚できますが、キャラによって召喚玉消費量が違います。

Screenshot_2016-02-08-10-25-57-horz-min

砦を占拠すると自陣の範囲が広がります。

Screenshot_2016-02-08-10-26-51-horz-min

相手の城を落とせば見事勝利!

マルチプレイもありますが大体同じレベル同士の人がマッチングされるので、今から始めて遅いという事はないみたいです。

城下町概要

城下町はホーム画面で半放置育成ゲーです。

このゲームにはキーン(お金みたいなもの)とフードが存在していて、基本的には時間がたてば貯まるので収集して放置して収集して放置しての繰り返しで貯めていきます。
貯めたキーンやフードを使って戦力を強化していくことが出来ます。
(例えばバトルで使うキャラの装備強化、それを行える施設の強化等)
強化してる間も時間がかかるのでまた放置になります。ルビーというアイテムを使ってすぐ完成させることも可能。

ここの城下町のシステムだけを言えば白猫やグリムノーツの箱庭と似た感じのシステムです。

城下町は余った時間や何かの合間にプレイすることに向いてるため気楽に出来る感じです。

Screenshot_2016-02-08-13-19-55-horz-min

シロと城とドラゴン

以上まだ始めたばかりで簡単な紹介でしたが余った時間にプレイできそうなので、個人的にもマイペースでまったりやっていきたいとな思います。

バトル攻防の戦略性や暇な時間にポチポチでき育成が楽しい城下町、
キャラクターもポップな感じのデザインでとても取っ付きやすいと思いますよ。

興味がある方は是非プレイしてみてください。
もう少し早く出会っていたいアプリでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは、また三┏(=・x・=)┛

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
急上昇スマホアプリ
「崩壊3rd」のリセマラ方法はこちらの画像をタップ↓
タイトル:崩壊3rd

対応機種:Android 4.3以上   iOS 6.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
ジャンル:アクション
 

↑急上昇スマホアプリ!↑

ブログランキングにも参加しています! アクセスの際には、2発ポチポチっと応援クリックしてくださると励みになります↓↓

この記事が気に入って頂けましたら シェア宜しくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告