【追憶の青】プレイしてみた!基本操作、システム紹介(クローズドβテスト版)       

皆さまこんにちは!
オカルト大好きシロでございます。

今回は、「追憶の青」というスマホゲームアプリのクローズドβテストをやってみました!!

この「追憶の青」はアクションRPGで、豪華なクリエイターによる製作も売りとなっており、ファイナルファンタジーで有名なイラストレーター天野喜孝、タクティクスオウガやFFT等の作曲家岩田匡治、テイルズシリーズのシナリオライター田中豪、松本弘毅が携わっています。

テスターの募集はAndroidによる先着順2500名で既に締め切られています。
プレイ期間は6/13 15:00~6/20 14:59まで。

「追憶の青」リセマラ記事はこちら!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バトルの基本

■基本操作

このゲームのバトルは横スクロールの2D画面で構成されていて
基本操作は

攻撃:タップ
移動:上下左右スワイプ
回避ステップ:左右フリック
ジャンプ:上フリック
ジャンプ中の追撃:ジャンプ中に下フリック
カメラの縮小、拡大:それぞれピンチイン、ピンチアウト

となっている。

■スキルと魔石解放

Screenshot_2016-06-16-21-56-13-vert

(※上の画像を参照)
キャラクターの地面赤い範囲(黄色く見えてますが)が、敵の繰り出す技の範囲です。この場合範囲外へ避けるか、攻撃して敵を怯ませることができれば攻撃を食らわずに済む。

スキルボタンを押してスキルを発動する事ができるが、スキルを使うにはMPを消費し、MPは通常攻撃をすることによって徐々に回復する。

Screenshot_2016-06-16-21-27-24-horz

スキルのタイミングを合わせコンボを決めよう!
物理攻撃キャラはスキルのタイミングさえ掴めばほぼコンボが決められるようになっている模様。

スキル攻撃で魔石解放ゲージが溜まり、Maxまで溜まっている状態で魔石アイコンをタップすると、最強必殺の魔石解放を発動する事ができるぞ!!

■溜め攻撃と属性について

溜め攻撃について

Screenshot_2016-06-16-21-52-48-horz

キャラクターが停止している状態で、ロングタップ(画面長押し)することで溜め攻撃を発動できる。
通常攻撃ではガードしている敵にダメージを与えることはできませんが、溜め攻撃の特徴としてガードしている敵を貫通してダメージを与えガードブレイクすることができる。
しかし、溜めが完了する前に移動したり、敵の攻撃を食らってしまうと、溜め攻撃はキャンセルされるため注意。

属性について

Screenshot_2016-06-16-22-01-31-tile

属性は全部で6種類あり、敵の弱点を属性をつければ優位にバトルを進められる。
属性は、キャラ、武器、スキル等に付属されている。

■バトルの流れ

Screenshot_2016-06-17-15-27-37-tile

シングルクエストでは3人のキャラクターを連れていくことができ、フレンド等から助っ人を連れていくことも可能!その際絆Pをを消費する。
絆Pは他プレイヤーに「いいね!」をしたりされると獲得できる。

ストーリーに沿ってクエストを進行していき、ほぼ最後には必ずボスとのバトルが待ち受けている。

Screenshot_2016-06-17-15-30-14-tile

リザルト画面ではミッション達成することで多くダイヤを獲得でき、更にはクエストクリア報酬として好きな宝箱を一つだけ選んで開けることができる!難易度が高いほど宝箱から貰えるアイテムのレア度も高い模様。

このゲームでできること

■他プレイヤーとのコミュニケーション

Screenshot_2016-06-16-21-43-46-tile

ホーム画面である「街」では、他プレイヤーと交流することができる。
チャットやアクションでコミュニケーションをとることも可能。
よく使うような定型文も充実しており、パーティー内でチャットすることも可能!

■マルチクエスト

Screenshot_2016-06-16-23-27-25-tile

マルチクエストは、他のプレイヤーと協力しながら進行していくクエスト。
ただし自分が解放しているクエストにしか参加できなく、難易度はハード以上が条件!

シングルクエストと比較して、良いアイテムが手に入る可能性がある。連れていけるキャラクターは1人だけとなっている。このためPTに回復役のキャラがいない等、参加するクエスト、メンバー次第ではキャラを変えることも必要になる。

勿論バトル前、中チャットを使ってコミュニケーションをとることも可能。

■能力解放

Screenshot_2016-06-16-22-14-43-tile

キャラを強化する方法は2つあり、
1つはクエストをクリアし経験値を稼いでキャラクターのレベルを上げる方法。
2つ目は各キャラクター特有の「アビリティボード」を、特定のアイテムを消費して広げていき、レベルや能力値を解放させていく方法。

キャラクターのレアリティによって解放可能な、能力値・レベルの上限が異なり、レベル上昇によって解放できるエリアも広がる。

この他に武器の強化、進化をできる鍛冶屋も存在する。

ガチャについて

Screenshot_2016-06-16-21-47-04-tile

ガチャは「武器ガチャ」と「キャラクターガチャ」が2種類存在する。

●キャラクターガチャ

Screenshot_2016-06-16-21-48-29-tile

Screenshot_2016-06-16-21-48-18-tile

マチルダの酒場ではキャラガチャを引くことができ、上記演出ではどちらも★2でしたが、ガチャ演出では他にもチャンスアップもある模様?

1回25ダイヤ、11回(10+1回)250ダイヤで引くことができる。
以前当てた同じキャラクターを引き当てた場合、自動的に「紋章」が手に入る。紋章は能力解放でキャラクターの最大レベルを上げるのに必要なアイテムとなります。

●武器ガチャ

Screenshot_2016-06-16-22-17-03-tile

Screenshot_2016-06-16-22-17-11-tile

武器ガチャ演出では、宝箱の色が変化することで期待度が変わります。次々と変化することで高レアリティの武器が期待できます。
因みに自身が★4武器を引いた時は金色の宝箱から更に色が変化していました。

1回15ダイヤ、11回(10+1回)150ダイヤで引くことができます。

感想

正直期待してなかったけどおもしろい‼
ただ、キャラデザは好みが分かれそう。

クエストはほぼ毎回ボスバトルがありボスも多種多様な為戦っていて飽きない。
更にはただ敵を倒すだけじゃなく村人を庇いながら戦ったり、兵器も壊しながら戦ったりで今後はイベントでミッションバトル的なものも増えそう。
この辺増やしてくると単調なクエストじゃなくなるので期待!
難易度もほんの少し高めだがこのくらいが丁度良い。

細かい改善点は魔石解放ゲージをMaxにするのが中々シビアな点と、ホーム画面である街や、マルチクエストにおいて武器やキャラでしか外見を変えることができないため、見た目がどうしても他プレイヤーと被りやすく、オリジナル感を出すために武器とは別にキャラ装飾機能も欲しいかなと思いました。
さらに欲を言えば武器にも特殊スキルかモーションが欲しいです(笑)

とは言ってもかなりよくできているゲームで、2Dスクロールアクションですがテクニック+タイミング次第ではコンボも長く繋いだりできるのでコツを掴むと楽しいです(=>▽<=)

この手のゲームは意外と飽きが早いんですが、飽きさせないつくりになっていてとても感心しました。

正式なリリース日は不明ですが、そう遠くはないと思うので興味のある方は期待して待ちましょう!

製品版はAndroid&iOS両方で配信予定

追憶の青公式サイトはこちら

「追憶の青」リセマラ記事はこちら!

以上最後まで読んで頂きありがとうございました(=・ω・=)ノシ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
急上昇スマホアプリ
【ファイトリーグ】リセマラ記事こちら↓をタップ
タイトル:ファイトリーグ

対応機種:Android 4.1以上   iOS 9.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
ジャンル:ボード
 

↑急上昇スマホアプリ!↑

ブログランキングにも参加しています! アクセスの際には、2発ポチポチっと応援クリックしてくださると励みになります↓↓

この記事が気に入って頂けましたら シェア宜しくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする