【ファイトリーグ】リセマラ方法とガチャ確率検証&基礎攻略!【Fight League】

2人の知恵と勇気を賭けた熱きタッグバトルエンターテインメント『ファイトリーグ』!

個性あふれる5つのブランドを率いて
2人だけの知略、戦略を立てリーグの頂点を目指せ!

ルールは簡単!
10マスのフィールドにファイターを配置し、
先に敵リーダーを倒せば勝利!

Be The Best Together
オマエと一緒に頂点へ

▼ファイトリーグの遊び方
○10体のファイターでチームを編成
○ファイターは自分の示す向きにヤジルシ状のファイトアーツで攻撃
○仲間にファイトアーツが繋がれば連鎖して攻撃する「チェインアーツ」が発動!
○先に敵のリーダーを倒せば勝利!

 『ファイトリーグ – Fight League』リセマラ方法

※以下の手順は2017/8/2のものであり今後ファイトマネーの受け取り数によっては変更の可能性有り。

  1. アプリをインストールして起動
  2. データダウンロード
  3. チュートリアル開始
  4. プレイヤー名登録(歯車アイコン>プロフィールで変更可能)
  5. 追加データダウンロード
  6. ファイト7で対戦をリタイア
    ▲リセマラ中は左上メニューから「敗北を認める」でリタイア。初めてプレイする場合は慣れるためにプレイしておきましょう。
  7. ホーム画面へ移動し、チャレンジ達成報酬を受け取り、プレゼントボックスからファイトマネーを受け取る
  8. ガチャを引けるだけ引く
  9. 目当てのファイターが出ない場合アンインストールまたはデータ削除で手順1へ

※現在は事前登録特典で大量のファイトマネーが貰えることもあり省いていますが、手順7の時にプレゼントボックスから受け取れるファイトマネーが少ない場合は、時間のかからないチャレンジを達成し報酬を貰ってからガチャを引きましょう。

通信環境によって時間は多少異なりますが、上記手順のリセマラ1回あたりWi-Fi、Androidで15分程度です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ガチャ概要

ガチャについてですが、公式による確率の表記はありません。

上画像には例として現在開催されている2種類のガチャを挙げますが、左の72時間限定のスタートアップガチャは通常ガチャよりS級、US級の出現率が超UP。
右のガチャでは10連ガチャを引いた場合”センス設定”がシングルガチャの2倍のファイターが選出されます。

このようにガチャによって特性が全く違い、今後も様々なタイプのガチャが開催されると思われるので、しっかりと内容を把握してから引く事が重要です。

センスとは?

既に所持しているファイターを入手した場合、自動的にセンスがUPします。
センスとはファイターが持つ固有のパラメータで、センスが値が高いほどバトル中にクリティカルを発生しやすくなります。

ガチャから排出される際には、同キャラであってもセンスの高低が存在しており、ガチャの種類によっても設定されている数値や確率が異なるようです。

また、センスの豆を使用してファイターのセンスを上げることも可能です。

● ガチャ演出

ガチャ開始時のタッチ画面
通常は「押せ!」の文字が「確定」と出るとUS確定!
また、タッチ後キュインと効果音が鳴ると…US確定!

タッチ後、メダルが上に噴射

この時点で銀または金のメダルを確認することが可能

金のメダルがあればS級以上となる。

最終的にメダルの色でレアリティを大体判別可能
銀のメダルならA級ファイター
金のメダルならS級、US級のファイターとなる。

また、銀のメダルが振動し金のメダルに変化するパターンも存在。

● ガチャ確率検証


▼スタートアップガチャ(US級、S級ファイター超UP)

レアリティ 出現回数 割合
A級 371 76.18%
S級 107 21.97%
US級 9 1.85%


▼ファイトリーグ開幕ガチャ(出現率UPの表記無し)

レアリティ 出現回数 割合
A級 470 89.52%
S級 50 9.52%
US級 5 0.95%

%は少数点第3位以下四捨五入
※結果は独自で試行した確率であり、本来の数値を表すものではありません。参考程度に!

内部的には変動することも考えられますが、取り敢えず今回はこのような結果になりました。
結果からUS級,S級超UPのスタートアップガチャの方は通常確率と思われるガチャの大体2倍くらいに設定されてそうな感じです。

リセマラのポイント!

リセマラではUS級も重要ですが、S級が重要になってきます。

US級は基本的にステータス、スキルと性能が高く設定されていますが、チーム編成の際にUS級ファイターは1体しか連れていくことができません。
このため、リセマラでガチャを多く引けない場合は、US級を狙い、
多く引ける場合には、US級は勿論のこと、S級の数と能力が非常に重要となってきます。

また、ファイター毎に設定されているブランドによってもチーム編成の可不可があるのでそこも意識してリセマラしていくと良いでしょう。

ブランド別のS級,US級ファイター一覧はこちら!

※チーム編成やバトルのルール等についてはこの下をご覧ください。

ファイトリーグ遊び方

● チーム編成について

チーム編成はリーダー1体、メンバー9体の構成となり、リーダーに設定するファイターはS級、US級のどちらか出ないと編成することはできません。

リーダーになったファイターはHP、攻撃力、ファイトアーツがリーダー用となり、スキルではなくFB(ファイティングバースト)を使用できるようになります。

また、チーム編成前にはブランドを選択する必要があり、選択したブランドのファイターとフリーランスのファイターでチームを編成することができます。

各ブランドの特徴は以下の通り。

ブランド 特徴
十八番街 攻守のバランスが良いファイター達が属するブランド。
フィールドにいる味方ファイターが多いと真価を発揮するスキルが特徴的。
GGG 長射タイプのファイターが多く、味方の能力を高める支援型スキルが豊富!チェインするほど真価を発揮する。
連携力に優れるテクニカルなブランド。
アスリートクリーチャーズ 全ブランド随一の超攻撃力を誇る!チェインアーツは苦手だが、驚異的な爆発力が魅力の速攻・攻撃特化型ブランド。
Justice Professionals 高いHPとチェインしやすいファイトアーツが特徴のブランド。
ピンチになると、その力は強化され、一気に勝負を決することができる。
TOYS of the DEAD 高い攻撃力と長射タイプを合わせ持つが、HPが低めな攻撃的ブランド。代償と引き換えに強大な効果を発生させる、トリッキーなスキルが特徴的。

この他に、どこにも属さないフリーランスのファイターが存在していますが、どのブランドでも編成することが可能です。

ブランド別のS級,US級ファイター一覧はこちら!

● バトルルール

バトルでは全10マスのフィールドにファイターを配置して、先に相手リーダーのHPを0にした方が勝利となります。

フィールドに配置したファイターは▲の方向にファイトアーツで攻撃します。
更に、味方にファイトアーツがヒットすれば、連続攻撃チェインアーツが発動します。
チェインアーツを繋げれば通常より多くのダメージを敵チームに与えることができます。

バトル開始の先攻チームの1ターン目は1手番のみとなります。その代わり登場させるメンバーを4体から選ぶことが可能となっています。
それ以外は全て2手番で、ターン交代となります。

ファイターによっては固有のスキルを持っており、スキルは発動条件のあるものや、配置した時点で効果のあるものが存在しています。

リーダーのHPが2000以下且つFBボタンの周りのゲージが満タンになると、1バトルに1回だけファイティングバースト(FB)を使用できます。
FBはリーダーだけが使うことができる必殺技で、リーダーに設定したファイターによって必殺技も異なります。
※リーダーに設定されているファイターのスキルは発動しません。

また、バトル開始から10ターン経過するとオーバーバーストが発動し、両リーダーにダメージが与えられます。ダメージはターン経過ごとに増加していきます。

公式PV

こちらからダウンロードできます

タイトル:ファイトリーグ – Fight League

対応機種:Android 4.1以上   iOS 9.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

価格:基本プレイ無料(アイテム課金あり)

 

その他スマホゲームリセマラ記事一覧はこちら!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
急上昇スマホアプリ
『ロードオブダンジョン』リセマラ記事はここをタッチ
タイトル:ロード・オブ・ダンジョン(Lord of Dungeon)

対応機種:Android 4.1以上   iOS 7.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
ジャンル:シミュレーション
 

↑急上昇スマホアプリ!↑

ブログランキングにも参加しています! アクセスの際には、2発ポチポチっと応援クリックしてくださると励みになります↓↓

この記事が気に入って頂けましたら シェア宜しくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする